パター

パター

本物のグリーンの様に、自宅でパットが超上達するパター練習法

穴から真っすぐの位置で距離を変えて打つ。このやり方で練習する方が多いと思います。 平均的なパターマットは1.5m程ですが、これだけだと1.5m以内の距離感を合わせるのが上手くなっていくだけです。 実際のコースでは、パットをする際にパターマットの様に真っすぐなものが無いため、普段からパターマットの直線に合わせ構えて練習していると、合わせる物が無くなかなか目標に真っすぐ打つことができません。 直線が何もないところで、打ちたい方向に真っすぐ構える技術がとても大事になってきます。
パター

正しいパットのテイクバック方法は地面にタッチ!パターの始動に迷っている方へおすすめです!

なぜテイクバック方法からなのかというと、テイクバック方法を安定させると他の様々なミスを改善できる可能性が高いからです。 私自身も引っ掛けプッシュ等色々なミスに苦しんで、何万回もパットを練習しましたが、テイクバックが決まってから、かなり方向性が安定するようになりました